札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。中長期のレンタカーなら断然格安です!
 
2017/02/21

発見! パンと味わう思い出おかずを求めて【前編】

新型セレナ!

冬でも魅力いっぱいの北海道へ遊びにきませんか? 現地で楽しむご当地グルメが最高なのはもちろん、自宅へ帰ってから家族や友人と楽しむお土産もまた良いものです。美味しいものさえあれば、お土産話にも花が咲くというもの! ご飯に合う「思い出おかず」を紹介しているこの連載ですが、今回はご飯と言っても“パン”に焦点を当て、パンと一緒に味わう美味しいものをレポートします。

お土産捜索隊 隊員【おお土産捜索隊 ママ隊員】
北海道が大好きな生粋の道産子です。普段は仕事に子育てにと翻弄されていますが、これを機会に美味しくて体にも嬉しい栄養のあるものを探したいと思います。北海道は安心食材の宝庫。もちろん旅行のお土産にもピッタリですよ!

本日の愛車「新型セレナ」にテンションMAX!

2月某日、札幌レンタリースさんでクルマを借りて美味しいお土産探しの旅にいざ出発! って、ちょっと! これ、新車じゃないですか!? ピカピカツヤツヤ、正真正銘の新車です。そう、本日の相棒は日産新型セレナ。どうですか? カッコイイですね〜! レンタカーを借りたら新車を運転できるなんて、なんとも贅沢です。さすがは新車導入率95%を誇る札幌レンタリースさんですね。というわけで、まずは記念に一枚パチリ!

新車のセレナです
運転ラクラク
新車特有の匂いってありますよね。黒で統一された内装もオシャレです。3列シートで車内は広々。荷物でいっぱいになりがちなレンタカーの旅も、これだけスペースがあれば、どんなにお土産を買っても大丈夫です! ほかにも、日焼けが気になる女性や赤ちゃんのための「ロールサンシェード」や、足だけで開閉できる「オートスライドドア」、スマホ時代には欠かせない「USB電源ソケット」など、ママに快適な設備がたくさん揃っていました。これだけ大きな車だと燃費が気になるところですが、ハイブリッドカーなのでお財布にも優しいですよ(在庫状況によりご用意できるお車の装備が異なります。お手数ですが詳細はご利用店舗までご確認をお願い申し上げます)。

「新車は嬉しいけれど、ぶつけたらどうしよう…」「万一の事故の場合、新車だと補償が高いのでは…」。そんな心配の声も聞こえてきそうですが、札幌レンタリースさんでは「まるごと安心パック」という任意の補償サービスも用意しているそうです。少しでも不安のある方はぜひ相談してみてください。

民家? パン屋? 美味しいと噂のパン屋さんへGo!

さて、今回はパンに合う美味しいものを探しているわけですが、その前にまずはパンそのものを手に入れたいところです。パン屋さん…パン屋さん……お! 同行カメラマンが美味しいパン屋さんを知っているとのこと。なんでもひっきりなしにお客さんがやってくる、一軒家のパン屋さんだそうです。場所は当別(とうべつ)町。札幌からおよそ22km、46分とナビ画面に出ました。午前中にちょうど良い小ドライブとなりそうです。早速行ってみましょう!
当別町までGo!

快適ドライブ
国道275号線を月形・当別方面へ向かってひたすら北上します。この日は雪が降らず気温もプラス、時折陽が差す好天でした。路面も乾いていたので快適なドライブとなりました。当別町に入って北海道医療大学の大きな看板のところで右折すると、そこには…。
パン屋きみかげ
普通の一軒家に「パン屋きみかげ」の文字が! 周りには雪原のみ。この文字が見えなかったらパン屋とは気づかなかったかもしれません。こういう素朴な佇まいにこそ、美味しいものがある! 私のグルメセンサーが反応しています!!
普通の民家としか思えないパン屋さん
期待度マックス!
正面から見るとますます普通の民家ですね。でも家の右側に薪が積み上がっているのを見逃しませんでした。こちらではすべてのパンを薪釜で焼いているのだそうです。正面にはかわいらしい看板も。期待を込めて店内へ入ってみました。
ハード系のパンがいっぱい
そこには大好きなハード系のパンが所狭しと並べられていました。1つの大きな平台に、焼き上がったものから順に並べていくスタイルです。ご主人と奥様のふたりで切り盛りされている「きみかげ」。素朴で、実直で、噛めば噛むほど味わい深い…まるでおふたりの人柄が表れているようなパンが取り揃えられていました。どれもこれも美味しそうで迷いに迷った結果、道産小麦を100%使用した山食をはじめとする数種類のパンを購入しました!
おうちに帰ってからのお楽しみ!
ところで、こちらの「パン屋きみかげ」さん。撮影させていただいている間もお客さんがひっきりなしでした。途切れることがありません! 車のナンバーを見ても、かなり遠方からも来られているようでした。奥様はお客さんと楽しくおしゃべりもされています。きっと常連さんも多いんでしょうね〜。当然、家に帰るまでなんて待ちきれません! 栗のパン(518円)とセミドライトマトのパン(669円)をクルマの中で味見しました。うまーい! うまーーーい! 気づいたら何度もつぶやいていました。小麦の風味が豊かで、栗とトマトという素材そのものの味が濃厚に感じられるパンです。夜の晩餐会がますます楽しみになりました。

パン屋きみかげ

住所/北海道石狩郡当別町東裏1756-18
電話/0133-27-6021
営業時間/10:00〜17:30
定休日/月曜、第1・3・5日曜
駐車場/あり

チーズ好きが好きになるチーズを発見!

パンにはやっぱりチーズがつきものです。お次はチーズを探すことにしました。当別町からほど近く、札幌市の隣りにある江別(えべつ)市に美味しいチーズがあると聞きつけてやってきました。「きみかげ」さんからだと、距離にして20km程度の場所にある「米村牧場チーズ工房プラッツ」さんです。

このあたりは牧場が集まっているんですね。牧草ロールもちらほら目につくようになってきました。もちろん今は雪に覆われて雪原となっていますが、春になれば雪が溶けて北海道らしい風景が広がることでしょう。札幌からこんな近くにたくさんの牧場があるとは地元民でも意外と知らないかもしれません。

サイロ風建物のチーズ工房プラッツ
見えてきました! サイロ風のかわいらしい建物が米村牧場さんの「チーズ工房プラッツ」さんです。すぐ隣りに牧場があるので、牛さんも熱烈歓迎してくれました。

牛さんがお出迎え

手間暇を惜しまない! ご主人の情熱と奥様のおもてなしが素敵

こちらでは主に熟成チーズを作っているのだそうです。試食させてもらいながらご主人のチーズ作りにかける思いや苦労などを伺いました。パッケージに書かれている数字が熟成期間なのだそうです。通常3ヶ月程度で市販されるチーズを、米村牧場さんでは6〜36ヶ月も熟成させて販売しているそうです。それもこれも、チーズは健康食品であるという信念のもと、熟成期間を長くすることでよりアミノ酸を増やし、体に良いものを提供したいという思いからなのだそうです。

熟成期間の長短で味が変わる!
熟成期間の違いでどんな風に味がかわるのでしょう? 6ヶ月、12ヶ月、24ヶ月と、食べ進めます。うーーーん! 味がどんどん濃厚になっていくのがわかります。12ヶ月と24ヶ月ではまるで別のチーズを食べているかのようです。味だけではなく、固さや舌触りも変わってくるのですねー。こちらでは気になる商品はすべて試食させてもらうことが可能なので、自分好みのチーズを購入することができます。熟成チーズだけではなく、熱を加えて溶かしていただくラクレットや、バジルや唐辛子の入ったチーズなども販売しています。ぜひ、自分好みの一品を見つけてくださいね!

ご主人の情熱と奥様のおもてなしが素敵
完全予約制のラクレットランチ(1名2,500円)もやっているそうです。平日でも状況次第で受けられるそうですので、気になる方は電話で相談してみてください。

米村牧場チーズ工房プラッツ

住所/北海道江別市角山555
電話/011-384-6288
営業時間/日曜日の11:00〜16:00のみ 平日は要相談
定休日/日曜のみ営業
駐車場/あり

貴重なお話を伺った米村ご夫妻との記念写真を終えたら、今度は北広島(きたひろしま)市へと車を走らせます。

続きは後編で!

記事一覧へ

最新記事

このページのトップへ