北海道・札幌で安心、安全のレンタカー。ウィークリー、マンスリーなどの中長期レンタルが断然お得です!
 

カーナビって必ず付いているの?オプションなの?道路交通法改正で何が変わったの?

    オプション装備
2021/09/28
最終更新日:2021/10/01
22253509_m

快適なドライブの手助けをしてくれるカーナビは、今やクルマ生活の必需品。レンタカーを借りる際にもマストな装備のひとつですが、そもそもレンタカーにカーナビは標準装備されているものなのでしょうか?今回はそんな素朴な疑問にお答えしたいと思います。

今やカーナビは必須!でも標準装備されていないレンタカー会社も

現在カーナビはマイカーにおける普及率が高いことから、今や当たり前のアイテムとしてレンタカーにも標準装備されている場合がほとんどです。しかし、格安レンタカーをはじめ一部標準装備されていないケースや、オプション装備として追加料金が発生するケースもありますので、レンタカー予約の際には事前の確認が必要です。

「スマートフォンの地図アプリでも代用可能なのでは?」…なんて声も聞かれますが、バッテリー切れやデータ通信量などを気にすることなく、通信圏外の過疎地でも安心して使えるカーナビは、スマートフォンとは違った安心感があるもの。ドライブの頼もしい味方のひとつと言えるでしょう。

レンタカーのカーナビでどんなことができる?

近年多機能化が著しいカーナビですが、「使用するのはルート案内だけ」なんてユーザーもまだまだ多いのでは。現在地表示やルート案内といった使用頻度の高い基本機能はもちろんのこと、駐車場やコンビニ・ガソリンスタンド探しなどの「周辺検索機能」や、渋滞・混雑状況や交通規制情報をお知らせしてくれる「交通表示機能」、車両後方の映像をナビ画面に表示し、後退操作をサポートしてくれる「リアビューカメラ機能」など、使ってわかる便利な機能が満載です。

また、ドライブではお気に入りの音楽を聴きながら出かけたいものですが、そんな時に便利なのが「Bluetooth(ブルートゥース)機能」です。Bluetoothとは、スマートフォンやオーディオ機器などに搭載されている無線の機能のこと。ケーブル接続をすることなく、スマートフォンの音楽を車載スピーカーで流したり、ハンズフリーで音声通話をすることが可能です。

1746870_m

カーナビ使用の注意点は?

そんなお役立ち機能満載のカーナビですが、使用の際には注意したい点も。2019年12月1日の道路交通法改正にともない、走行中にスマートフォン等の通信機器を持って通話をすることや、カーナビまたは通信機器の画面を注視する、いわゆる「ながら運転」の罰則が厳罰化されました。これらは「道路交通法第七十一条 五の五」違反となり、6か月以下の懲役または10万円以下の罰金が課されます。また。ながら運転によって事故を起こすなどの交通の危険を生じさせた場合にはさらに罰則が厳しくなり、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が課されます。違反点数は3倍の6点となり、免許停止処分となります。

たった数秒間であっても、大きな危険がともなう「ながら運転」。通常、カーナビは走行中の操作ができない設定になっています。カーナビを利用する際には、停車可能な場所に停止し、周囲の安全を確認してから操作を行いましょう。また設定に手間取りがちなBluetoothのペアリングや目的地のルート設定は、必ず出発前に行って下さい。

22155397_m

札幌レンタリースなら全車カーナビ標準装備!

札幌レンタリースでは札幌日産自動車グループの強みを生かし、様々な先進機能を搭載した日産の新型車をいち早くラインナップしています。95%以上を新車で購入しており、カーナビも日産の純正品を標準装備(※商用車のADバンを除く)!追加料金がかかることなく、安心・安全・快適なドライブがお楽しみいただけます。

カーナビのルート設定やBluetoothの接続方法など、分からないことがございましたら出発前にお気軽にスタッフにお尋ね下さい!

 

記事一覧へ

ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧

このページのトップへ